エビにゃん

トレードの本質とストップロス注文(2)

エビにゃんのトレード教室です。

前回は、トレードの本質とストップロス注文というのは非常に関係があるので、まずは本質からお話していきました。今回はその続きで、ストップロス注文のお話になります。

トレードの本質とストップロス注文(1)エビにゃんのトレード教室です。 https://youtu.be/FPie-8kz7uE まだお話できていなかった、トレ...
編集長 久美
編集長 久美
今日もトレーダーの「エビにゃん」から、トレードについて皆さんと一緒に学んでいきたいと思います。ではエビにゃんよろしくお願いいたします!
エビにゃん
エビにゃん
よろしくお願いします!

それでは前回の続きです。今回はストップロス注文をどこの場所でつけていけばよいのかというお話をしていきます。

編集長 久美
編集長 久美
はい!よろしくお願いします。
エビにゃん
エビにゃん
トレードをするときというのは、「なんとなく」エントリーするのではなくて、事前に損失額を計算したうえでエントリーするのが良いんですよ。
編集長 久美
編集長 久美
そうなんですね。
エビにゃん
エビにゃん
相場は急変するときもあるので、事前に「ここまで来たら損切りする」というポイントを決めておかないと、大きな損失が出てしまう場合があるんですよ。
エビにゃん
エビにゃん
その大きな損失を防ぐためのものがストップロス注文なので、どこにストップロス注文を置けばいいのかというのを、これからお伝えしますね。では、画像を見てください。
エビにゃん
エビにゃん
ダウに紐づくCFDを取引した場合、買い注文を入れた後、どこでストップロス注文を入れるかというお話です。

まず青丸を見てください。

編集長 久美
編集長 久美
はい。

エントリーポイントは?

この画像は右肩上がりの上昇トレンドになっています。買うタイミングとしては、上昇途中の下落を狙うのがわかりやすいので、それが青丸のポイントになります。(押し目買い)

どこでエントリーするのかは、いろいろ考え方はあるのですが、矢印の先にある赤いローソク足のところで買うのが安全です。

ストップロス注文は?

次に、ストップロス注文をどこにするのかを考えていきます。ストップロス注文は、直近の一番低い値にします。

この画像でいえば、矢印の先にある、十字架のような緑のローソク足の、一番低い値にします。

エビにゃん
エビにゃん
もしもここまで下がってきたら、「安値を切り下げた」ことになるので、上昇トレンドが終了したことを意味するんですよ。

実際の注文方法は「逆指値」で

ストップロス注文をどこで入れるかを決めたら、注文も出しておく方が良いです。ストップロスの注文をどこでするのかという値を決めたのであれば、それを守る必要があるのですが、心の中だけで、「ここまで下がったら損失確定するぞ!」と思っても、いざその場面が来たら、なかなか手動ではできないものです。

そのままズルズルと、損失が膨らんでしまうということもあるので、そうならないために、注文も入れておきます。この場合の注文方法は、「逆指値注文」を行います。

逆指値注文とは?

注文方法にはいろいろあるのですが、成行(なりゆき)注文と指値(さしね)注文をまずは覚えます。

成行(なりゆき)注文・・・注文の値を自分で決めない市場まかせの注文

指値(さしね)注文・・・「現在の値」を基準として、注文の値を自分で事前に決める注文

これらを踏まえて、逆指値注文というのはその「逆」ということです。

エビにゃん
エビにゃん
ちょっとややこしので、今回の画像の場合で解説しますね。

今回は、青丸のところ、約27700付近で「買い」でエントリーしたとします。「買い」でエントリーしたということは、決済をするときには「売る」ことになります。27700付近でエントリーしたので、28300までは上がるだろうと思った場合は、28300で指値注文をいれます。

ですが、27400付近まで下がる可能性もあるので、27400で逆指値注文を入れます。

エビにゃん
エビにゃん
これが、「買い」でエントリーした場合の指値注文と逆指値注文による決済方法です。
編集長 久美
編集長 久美
デモ取引で何回かやれば、やれば慣れますよね。
エビにゃん
エビにゃん
はい、そうですね!

利益と損失は2:1

エントリーをするときには、必ず損失の額を事前に計算しておきます。もちろん、損失の額だけではなく、利益の額も計算しておき、利益と損失の割合が、2対1であるのが望ましいです。

トレードの本質とストップロス注文(1)エビにゃんのトレード教室です。 https://youtu.be/FPie-8kz7uE まだお話できていなかった、トレ...
エビにゃん
エビにゃん
100回とか、回数を重ねていけば、勝率は50%50%に近づいていくので、利益と損失の対比(2:1)を守っておけば、利益は増えていきますよね。
編集長 久美
編集長 久美
なるほど~
エビにゃん
エビにゃん
コツコツ勝っていたのに、大きく負けてしまってはもったいないじゃないですか。だから、トレードの本質とストップロスというのはとても大事なんですよ。
編集長 久美
編集長 久美
なるほど、よくわかりました。今回も、ありがとうございました。