中村大祐

Amazon転売 中村大祐さんへのインタビュー【第4部】全力で走ってほしいな・・・

中村大祐(だいすけ)さんと佐藤久美の対談です。

Amazon転売 中村大祐さんへのインタビュー【第1部】Amazon転売って・・・?中村大祐(だいすけ)さんと佐藤久美の対談です。 中村大祐さんは、「Amazon転売」というビジネスで成功されています。...
Amazon転売 中村大祐さんへのインタビュー【第2部】中村さんの野望中村大祐(だいすけ)さんと佐藤久美の対談です。 https://ao-aka.com/nakamura-int-1/ ...
Amazon転売 中村大祐さんへのインタビュー【第3部】人生を変えるほどのインパクトを!中村大祐(だいすけ)さんと佐藤久美の対談です。 https://ao-aka.com/nakamura-int-1/ htt...

【第3部】では、中村さんが世の中に広めたいことから始まり、実セミナーへのこだわりの話などをお聞きしました。

【第4部】では、中村さんのビジネスの構造や今後の目標、そして「これから」の人たちへのメッセージとなっています。

編集長 久美
編集長 久美
それだけご自身が動けるということは、中村さんがやられているAmazon転売自体も、会社組織みたいになってるんですか?
中村さん
中村さん
あ、それもですね、僕、1人なんですよ。
編集長 久美
編集長 久美
えぇぇぇぇぇ!
中村さん
中村さん
はい、一人なんですね~。それも理由があって、また話がちょっと戻るんですけど・・・・

あくまでも一人ビジネスとして

フットワーク軽く、東京、大阪、福岡などを中心に全国を飛び回ってセミナーも開催している中村さん。これだけ多忙を極めているわけですから、いつAmazon転売自体の仕事をするのか不思議でした。

会社組織のような感じで、誰かを雇っていらっしゃるのかと思いきや、どうやら違うようです。

中村さん
中村さん
家が自営業だったって言ったじゃないですか。
編集長 久美
編集長 久美
はい。
中村さん
中村さん
そのときにですね、一番多いときで、50人くらい社員さんがいたんですよ。
中村さん
中村さん
いいときはいいんですけど、ちょっとなんかダメになっちゃうと、社員50人だとしても、人件費だけで一瞬で傾くんですよ。
編集長 久美
編集長 久美
あ~。。確かにそうですよね。
中村さん
中村さん
それで親が資金繰りに苦労してるなっていうのが、何回かあって、それで社員を雇うのがすごく嫌で、だから自分は外注で全部やろうって決めてて・・・
編集長 久美
編集長 久美
あ~なるほど。
中村さん
中村さん
そうしていくとですね、今まで300人以上の方に転売スクールに入ってもらって、指導させてもらってるんですけど、その中からいろんな人が出てきて、納品代行会社を作ってくれた人がいたんですね。

社員ではなく外注

中村さんの指導した生徒さんの中から、なんと納品代行会社を作ってくれた生徒さんが出てきました。

しかもその生徒さんは、「中村さんのノウハウ通りに出品する納品代行会社を作ったので、ぜひうちを使ってください」って言ってくれたそうで、中村さんは、もちろんそこの納品代行会社さんを使っていて、中村さんの生徒さんにも、そこの納品代行会社を紹介しているそうです。

中村さん
中村さん
これってWIN-WINじゃないですか。
編集長 久美
編集長 久美
すごい・・・
中村さん
中村さん
転売の中で「検品・梱包」って一番めんどくさい部分なんですけど、そこを、その納品代行会社に任せされるし、生徒さんもリサーチだけに集中できるし・・・
編集長 久美
編集長 久美
あーー、めちゃくちゃいいですね。
中村さん
中村さん
納品代行会社も儲かるし、全員がWIN-WINな、なんかそういうのが作りたいなって思ってるんですよね。
中村さん
中村さん
だから、自分自身は商品を見ることはないですね。Amzonとかで仕入れたら、そのまま納品代行会社に送っちゃうんで。
編集長 久美
編集長 久美
あー、それなら、謎が解けました。
中村さん
中村さん
はい(笑)
編集長 久美
編集長 久美
じゃあ、うまく外注をして、基本的には自動化ができているという感じなんですか?
中村さん
中村さん
そうですね。
編集長 久美
編集長 久美
あー、すごい。。
編集長 久美
編集長 久美
それにしても生徒さん300人ってすごいですね。
中村さん
中村さん
あ、350人くらいですかね。
編集長 久美
編集長 久美
スクールの定期的な募集とかされてるんですか?

中村さんのスクールにはどうしたら入れる?

中村さんが運営するスクールは、定期的な募集もあるようなんですが、それよりも、何か問い合わせがあったら、案内しているという形のようです。

編集長 久美
編集長 久美
転売って仕入れ資金とか、時間とかめちゃくちゃ必要なイメージだったんですけど・・・
中村さん
中村さん
まぁ、そこはいりますけどね、多少は。
編集長 久美
編集長 久美
そういうこともあわせて、指導されているんですか?
中村さん
中村さん
はい、やってますね。

仕入れ資金について

仕入れ資金については、あったらあっただけ良いです。中村さんも転売を始めた当初は、仕入れ資金は全然なかったので、クレジットカードを利用していたそうです。

ただ、クレジットカードなので、とうぜん支払いは後からしなくてはいけないので、それでまわっていくための資金繰りの方法とか、リスクを取らない方法とかの指導もされています。

編集長 久美
編集長 久美
大事ですよね。
中村さん
中村さん
はい。
編集長 久美
編集長 久美
時間とかはどうですか?それこそよくある、何時間くらいあればいいですか?って聞かれたら、「全部、費やせ!」ってかんじですか?(笑)
中村さん
中村さん
ふふふ(笑)それこそ、あれですね・・・

時間について

転売の場合は、検品・梱包に使う時間がほとんどなので、時間がない人こそ、納品代行会社を使ってもらえれば、リサーチだけになります。

中村さん
中村さん
ただ、少なくてもリサーチに1日1時間はかけてくださいとは、言いますよね。
編集長 久美
編集長 久美
そうですよね、リサーチ大事ですよね。でも、1日1時間だったら全然いいですよね。
中村さん
中村さん
まぁ、もうちょっとかけてほしいですけどね。あとは、毎日続けるのが大事で、最初のひと月とか、1日1時間やっても全然見つからないと思うんですよね。
編集長 久美
編集長 久美
そうなんですね。
中村さん
中村さん
でも、それを続けていると、3か月目から開眼するというか・・・だいたいみんな、3か月なんですよね、急にできるようになるのが。
中村さん
中村さん
だからそれまでは、続けてほしい・・・
編集長 久美
編集長 久美
見慣れてくるってことですか?
中村さん
中村さん
多分、そうだと思います。
編集長 久美
編集長 久美
中村さんの生徒さんは、ほとんどが独立・起業志望なんですか?
中村さん
中村さん
いや、ほとんどが副業です。10人に1人くらいが、独立志望の人です。
編集長 久美
編集長 久美
あの私、中村さんの生徒さんのインタビュー音声を聴いたんですけど・・・

中村さんの生徒さんのインタビューの話

中村さんと、中村さんの生徒さんへのインタビュー音声が無料で公開されていました。

未来の成功者対談 その1

生徒さんがインタビューの中で、「自分で生きていける力が持てるかもしれない」とおっしゃっているのを聞いて、すごく素敵だなぁと感じました。

中村さん
中村さん
2パターンの方がいらっしゃって、本当に人生かけてやっていく、みたいなそういう人もいれば、本当に10万円をとりにいく、みたいな。本当に分かれますね。
編集長 久美
編集長 久美
10万円でも自分で稼げる力が身につくんだから、全然いいですよね。なんか、楽しそうですね^^
中村さん
中村さん
楽しいですね!
編集長 久美
編集長 久美
これからの中村さんの目標とかあるんですか?
中村さん
中村さん
目標は、1つの経済圏を作りたいと思ってるんですよ。

経済圏を作る、それが目標

今、コミュニティ自体がすごく活性化してて、生徒さんから納品代行会社ができたり、ノウハウ通りにリサーチをしてくれるツールを作ってくれたプログラマーもいるんですよ。

中村さん
中村さん
それこそ歯医者さんもいるんですよ。
編集長 久美
編集長 久美
歯医者さん?急に(笑)
中村さん
中村さん
あはは(笑)あとは、パソコンを修理してくれる人もいるんですよ。

何が言いたいかというと、よくわからない業者に頼むより、もうみんな顔見知りなわけですよ。

みんなそれぞれ、転売以外にも商売を持っているので、それを、コミュニティの中だけで完結できるくらいになったら、もっと楽しくなると思いますので、それができればいいかな~なんて思いながら、やってますけどね。

編集長 久美
編集長 久美
実現できちゃいそうですね!
中村さん
中村さん
そうですね!多分できると思います!
編集長 久美
編集長 久美
すごく良いお話をありがとうございました!最後にこのインタビューを聴いてくださっている人へ、メッセージをお願いします。
中村さん
中村さん
メッセージはですね・・・

中村さんからのメッセージ

まず、最初の3か月が勝負だと思うんですよね。とにかくがむしゃらに頑張るんですけど、とはいえ、「何を目指すか」というのも、すごく大事だと思うんですよね。

だから、自分が教わろうかなって思っている人の、ライフスタイルを見た方がいいと思うんですよね。

中村さん
中村さん
例えばなんですけど、転売で100万円稼ぎましたって人がいて、確かに100万円稼げるんですけど、その人のライフスタイルを見たら、朝から晩まで店舗まわって、家族との時間もプライベートな時間も全然なくて、マンパワーで月100万円稼いでる。
中村さん
中村さん
で、その人は年収1200万円くらいあるわけじゃないですか。
編集長 久美
編集長 久美
はい。
中村さん
中村さん
月に100万、年収1200万円稼ぎたいという理由だけで、その人に教わっちゃうと、行きつくところはその人と同じですよね。
中村さん
中村さん
だから、お金も欲しくて時間も欲しくてネットビジネス始めたのに、苦しいけど100万円かせげるみたいな。本末転倒なことになるんですよね。これじゃあ、全然意味がないと思っていて・・・

だから、「こういう風になりたい」っていう人の、人間関係とかライフスタイルまで見て、この人はすごく人にも好かれているし、時間的にも充実してるし、ビジネスも上手くいっている・・・そういう、トータルバランスで見て、教えてもらう人を決めて、ちゃんとそこまで見たうえで決めて、やるって決めたんだったら、命をかけて3か月がんばってほしいなと思います。

中村さん
中村さん
ちゃんとリサーチをしたうえで、全力で走ってほしいなというのが、僕からのメッセージです。
編集長 久美
編集長 久美
ありがとうございます!!すごく、響きますね・・・ホントに。
編集長 久美
編集長 久美
それでは今日は、Amazon転売の中村さんにいろいろお話をうかがいました。中村さん、ありがとうございました!
中村さん
中村さん
ありがとうございました!
中村大祐さんの記事が気に入ったらLINEもどうぞ!